小顔になる方法をチェック!【ボツリヌス製剤の注射が最適】

メスを使わず小顔になろう

女性

施術後の注意点

エラが張って顔が大きく見えてしまう場合、小顔をなりたいと考える人も多いのではないでしょうか。小顔になる方法はいくつかありますが、エラ張り改善といえば骨削りをイメージする人も多いはずです。実はエラ張りの場合、切らなくても小顔をつくることが出来ます。その方法がボトックス注射です。ボトックス注射はメスを使用せずに注射器だけを使用して施術を行います。エラが張っている部分に注入することでエラの張りを抑えてすっきりとしたフェイスラインをつくることが出来るでしょう。なぜこのボトックス注射でエラ張りを改善することが出来るのかというと、それはボトックス注射には筋肉を小さくする効果があるからです。ボトックス注射は元々ボツリヌス菌からつくられており、そこから抽出したたんぱく質の一種を使用した施術となっています。このボトックスには神経伝達物質の働きを弱める効果があります。エラ張りの原因は咬筋と呼ばれる筋肉が鍛えられ外側に大きく膨らんで角張って見えてしまうことから起きてしまう症状です。この部分にボトックスを注入することで、脳から咬筋に伝わる動けという命令が伝わらなくなってしまい結果として咬筋が動きを止めてしまいます。動かなくなった筋肉は徐々に細くなっていきますが、そのおかげでエラ部分がどんどんすっきりし、きれいなフェイスラインをつくることが出来るでしょう。以前であれば小顔施術の主流はメスを使用した施術でした。しかしこのボトックス注射が採用されてからはメスを使わず小顔になる方法として大変人気が高まり、今では施術を受ける人が年々増加傾向にあります。このボトックス注射はメスを使わず小顔になる方法ですが、メスを使わない分ダウンタイムが少なくて済みます。ほとんどダウンタイムを必要としませんが、やはり施術後は肌が敏感になっている状態の為、普段よりは気を使った生活をしなければなりません。施術後は当日もシャワーを浴びることが出来ますし、お風呂に長く浸かるなど血行が良くなる様な行動は出来るだけ避ける様にしましょう。元々もボトックス注射は腫れや内出血など少ない施術です。しかし、場合によっては出てしまう場合もあり、また血行が良くなる様な行動を取れば余計腫れなどにつながってしまう為、注意が必要です。その為、施術後は出来るだけゆったりと過ごすことをおすすめします。激しい運動やサウナなども血行を良くしてしまう為、出来るだけ避ける様にしましょう。また、患部を強く押したりマッサージをしたりはやめましょう。ボトックスの注入位置はドクターが筋肉の大きさをみながら調整しています。患部を強く押してしまうとボトックスが余計な方向に広がってしまう場合もある為、あまり強く触ることはやめましょう。また、腫れや赤みが出てしまった場合でもほとんどの場合数日で落ち着きます。メスを使わず小顔になる方法としてボトックス注射は大変評判です。以前であれば小顔施術の主流はメスを使用した施術でしたが、現在は手軽に受けることが出来る施術としてボトックス注射が大変人気です。やはりメスを使った施術と違ってダウンタイムが少なくて済みますし、大きな傷をつくる必要がありません。そんな小顔施術を受ける場合は、まずはカウンセリングを受けてドクターに相談してみましょう。

Copyright© 2018 小顔になる方法をチェック!【ボツリヌス製剤の注射が最適】 All Rights Reserved.