小顔になる方法をチェック!【ボツリヌス製剤の注射が最適】

小顔整形は医者の腕が肝心

医者

原因別で方法を選ぼう

小顔になる方法として知られる治療の中でもオーソドックスなのは小顔整形治療です。優良な治療を受けるためには優良なクリニック選びが重要となります。優良なクリニックというのは医療設備や治療制度などもポイントになりますが、最も重要なのは医師の技量ともいえるでしょう。小顔になる方法は小顔整形治療に限って見ても、ボトックス注射、骨切り、脂肪吸引など種類が様々です。要因別で治療方法は振り分けられ、より適した治療を提案するには、医師の経験値が大きく関係してきます。ホームページを制作しているクリニックであれば、医師のプロフィールなどのページを設けている場合があります。そこで治療の実績や症例、医師としての年数などを確認し、信頼できると感じた医師が在籍しているクリニックを受診するのがおすすめです。受診をする時点である程度どんな治療をしたいのか要望が固まっている場合は、より慎重にクリニックを選びましょう。特に手術を行なうことが推測される場合は、難易度が高ければ高いほど腕の立つ医師に任せるのが安心です。また、過去の症例の写真などを見せてもらい、仕上がりが自分の理想に近いものかどうかも確認しておくと良いでしょう。事前のカウンセリングである程度の完成図は提示されますが、細かい調整となると医師の感性によるところが大きくなります。治療が始まってしまうと医師の独壇場になってしまうため、視覚的データとコミュニケーションで理想像の共有を行なうのがネックとなります。話をする中で医師と感性が合わないと感じた場合は、別の医師を探すのが無難でしょう。美容整形クリニックでは、症状別で対応できる小顔整形治療が設けられています。小顔になる方法のニーズは高い反面、悩みの要因は十人十色です。万能な一つの方法などはなく、原因を特定した上で適した方法をピックアップし、その中から患者が最終決定する形となります。症状の主な例としては、脂肪・筋肉による肥大や、骨格によるもの、フェイスラインのバランスなどが挙げられます。脂肪、筋肉が肥大の要因となっている場合は、その元凶を取り除いたり、小さくしたりする治療法がとられます。脂肪は脂肪吸引などで除去するのが一般的です。筋肉はボトックス注射で発達を抑えて小さくする方法が主に用いられています。骨格が原因となっている場合は、骨を削る手術が一般的です。顔を大きく見せている部分を削り取り、物理的にサイズを調整することで小顔になる方法です。フェイスラインのバランスが原因の場合は、そもそも顔のサイズはそれほど大きくない人が多いです。平均的なサイズにも関わらず、アゴがなかったり顔が平坦であったりするために大きく見えてしまっているというのが要因の症状です。そういう人にはアゴや鼻筋など、パーツにメリハリをつけることで劇的に改善することがあります。ヒアルロン酸注射や、自分の体内から吸引した脂肪などを注入し、アゴを作ったり鼻筋を高くしたりすることでフェイスラインを整えます。これらの方法は、クリニックを受診して医師が診断した上で提案されるものです。自分の悩みの原因に応じて、最も効果的に作用する方法を選ぶのが重要です。

Copyright© 2018 小顔になる方法をチェック!【ボツリヌス製剤の注射が最適】 All Rights Reserved.