小顔になる方法をチェック!【ボツリヌス製剤の注射が最適】

整形手術の種類

婦人

エラ整形の方法

美容整形で小顔になる方法には、メスで切るやり方と切らずにフェイスラインを整えるやり方の二種類あります。メスで切る美容整形は、施術の効果も大きく施術後も半永久的に効果が続く点がメリットです。何度もやり直したり通院したりする手間を省きたい方には、うってつけの小顔になる方法といえます。また切らずに小顔になる方法は、注射のみの施術になるので治療後の傷跡がほとんど残りません。傷跡が小さくてすむということは、ダウンタイムの期間が短く症状が軽くてすむということでもあります。なおかつ深刻な副作用も今のところ報告されていないので、身体に対する負担を最小限ですませたい方には最適な方法です。価格についても、切らずに注射のみで施術する方法なら一回あたり5万円から10万円と美容整形としてはそれほど高額でもありません。対して切る方の整形は、一回あたりの施術費用が20万から100万円以上になる場合もあります。単純な比較なら切る方の整形の方が高く感じますが、一回のみですむことを考えればそれほど高額な施術費用とはいえないはずです。さらに切らない方の整形は、効果をみながら少しずつ治療を進めていくことができます。施術後の効果が気に入らなければそこでストップすればそれ以上変化しなくてすむため、比較的気軽な感覚で小顔整形をすることができるでしょう。そして最近は施術した後のアフターケアや保証が充実しているクリニックが多く、何かあってもすぐに相談したり対応してもらえたりすることがほとんどです。したがって切る方も切らない方も、どちらの整形も安心して受けることができるようになっています。低料金かつリスクが少ないということで、切らずに小顔になる方法を試してみたくなったという方もいるかもしれません。確かに切らずに小顔になれるということで、ボトックスを選ぶ方が最近増えているようです。とはいえボトックスは、誰にでも等しく効果が出るものではありません。基本的にボトックスは筋肉に作用するため、それが少ない部分には効果が出ない可能性があります。さらにボトックスは製剤を使用する治療のため、アレルギー体質の方や健康状態に不安のある方は使うことができません。そこに問題がある方は、施術を受けたくとも受けられないことになるでしょう。対してエラ削りは、骨そのものを切開して削るため誰でもそれなりの効果を出すことができます。施術も口腔内を切開することになるので、一見しただけでは美容整形を受けたことはわかりません。ただし施術には麻酔を使ううえ、切った後を縫合するのでダウンタイムの期間がボトックスより長くなります。たとえばボトックスは3日から1週間で回復しますが、エラ削りは物を正常に噛める状態になるまで1週間以上の期間を要するのが普通です。その上でボトックスは麻酔なしでも施術可能なのと比べて、エラ削りは全身麻酔をしなくてはならなくなります。どちらの小顔になる方法も入院こそしなくてすみますが、施術の規模に大きな違いがみられるでしょう。大がかりな施術を必要とする分、エラ削りはリバウンドすることがありません。ただしボトックスの方も、短期間で効果が切れるため副作用が出てもそれほど問題にならないという面もあります。双方に長所と短所があるので、適正と共にそこをよく見比べて選ぶことが必要です。

Copyright© 2018 小顔になる方法をチェック!【ボツリヌス製剤の注射が最適】 All Rights Reserved.